スピードでNO.1

知って安心レビトラの副作用

安全に薬を使おう

オトコとしての自信を持たせてくれるレビトラですが、病院で処方される医薬品。
誰でもいつでも使える精力剤ではなく、副作用が出てしまう心配はあります。

せっかくパーフェクトに勃起しても、副作用のせいでセックスに集中できなかった…では本末転倒。
どんな副作用が出るのかあらかじめ知っておくことで、体調の変化も慌てずに受け入れることができます。

レビトラの服用に際して報告されている副作用は、

・頭痛
・ほてり
・鼻づまり
・めまい
・動悸
・視覚異常

などがあります。
いずれもバルデナフィルの血管拡張作用の影響で、ほかのED治療薬でも見られる症状。
寝込むほど重い症状になることはあまりありませんが、頭痛のせいでセックスに身が入らないという場合には市販の鎮痛剤を使ってOK。
体が薬に慣れていくとこれらの症状は治まっていくものですが、レビトラを飲むたびに副作用が出て困るという人は摂取量を減らしてみるか、ほかの薬に変えてみることも検討してみて。

併用禁止薬にも注意が必要です。
心筋梗塞や脳梗塞の治療に用いられる硝酸剤は絶対にNG。血管拡張作用が増強され、血圧の急下降を招くのでとても危険です。
また、HIV治療の抗ウイルス薬や感染症用の抗真菌薬は、血中濃度が高まり過ぎるので併用不可。
日常的に服用している薬があるという人は、前もって医師に相談してみるといいでしょう。

男らしくナイトライフを充実させたい!と欲求を重視するあまりに、体に合わない薬を使ったり間違った飲み方をして体調を崩すのはとても残念なこと。
常識あるオトナとして、安心・安全を最優先に。
レビトラを使うなら、健康な身体でセックスに役立てたいものですね。